テーマ:

柚月 裕子

柚月 裕子の作品にはまりだした。 「孤狼の血」 映画の前に原作を読もうとしたが、 未だに図書館で借りれない。 「盤上の向日葵」は、地元の図書館でタイミングよく借りられた。 「検事の本懐」も文章に無駄が無く切れ味よく、あっという間に読んでしまった。 映画を最初に観てしまうと 登場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像力欠如社会

3月28日発売 想像力欠如社会 水島 宏明 編 (著), 水島ゼミ取材班 (著) 読み終えた。 大学生 全て女子(だったような!)の取材力はすごい!! 当事者の懐に入り込んだ文章が、すごくいい。 自分をいじめていた相手へ勇気をふりしぼっての直接取材。 十分読み応えありました。 想像力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山怪

面白く夢中で読み終えました。 山怪 & 山怪弐 2冊 山で暮らしている人 マタギ 登山者等の方々に山であった”不思議なこと”をインタビューした内容です。 山には化け物がいる。 特に天候の悪い時に、また人間の心が弱っているときに出る。 新人マタギの歓迎記念に熊狩りをした5人 熊とは遭遇で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上海賊の娘

久しぶりに夢中で読んだ。 おもしろい。 ひとりひとりの役者のイメージを 自分勝手に創り、 自分も海賊となり、物語の中に入ってしまった。 読書の醍醐味を充分味わうことができた。 映画化はとても無理だろう。 今、酒を呑みながら、爽快な余韻に浸りいい気分だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百億の昼と千億の夜

子供2人は、 うまい具合に 誘導されて(してっ!) 本好きになった。 漫画も 私の世代で 面白かったものを与えると やはり 面白いもの(笑えるもの)は 世代が変われど 面白いものらしい。 『 お父さん!どうやってこんな面白いものをさがしてくるの? 』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリア51

ようやく読みました。 八戸の図書館では、予約待ちでいっぱい なので 地元?の図書館に聞いてみた。 青○では、予約無しなので借りれます。 地域性なのか? で アメリカはこんなことしていたのか! ロシア(ソ連時代)は、こんな対抗をしていたのか そして、偵察パイロットは捕虜にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬芽の人

大沢在昌は、すばらしいストーリーテラーです。 中盤からのストーリーに もう あっという間に読み終えてしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警察小説

作家 佐々木 譲、今 野  敏 北海道出身二人の警察組織を題材にした 小説が、面白い。 仕事の上でも役に立つ 今朝、拾った言葉 『 悪いことこそ、早く報告する 』 昨日、部下に、この言葉を、言いたかった。 本当に最後のどん詰まりの状態になってから 報告を受けた。 カチンと音が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

蜩ノ記

平内町立図書館(いや図書室か!)で借りました。 平内町の方々 19日の小湊小運動会には、図書館に戻しておきますからネ! 借りて読んでください。 くだらないテレビを見るよりなんぼましか! 最後の3行で”うるっ”ときてしまいました。 映画化 いや映画になんかしてほしくない。 読んで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春嵐 

ついに 完結せずに 終わってしまったというのが率直な感想 まだまだ読み足りない。 ロバート・B・パーカーの遺作 春嵐 この先スペンサーシリーズの新作は読めない。 http://natsudomari.at.webry.info/201107/article_7.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川あかり

初めての 葉室 麟 ( はむろ りん )作品 またひとつ、楽しみが増えました。 藩内一の臆病者が、刺客に抜擢された。 臆病者はどのように、事態を乗り切っていくのか ・・・・・ 読み終えて、清々しい気持ちになりました。 しばらく、葉室ブームが続きそうです。 楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読み終えました

 驚愕の内容です。  国民は真実の情報を求めている。  国は隠すべき事柄を隠した情報を流す。  8月2日(火)  アメリカ国債デフォルト予定前に  何事も起こらなければいいが・・・と思う。  事件・事故報道の受け取り方が  ガラリと変わります。  読んでください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔日

大好きな、ロバート・B・パーカーの作品 今朝、読み終えた。 私立探偵 スペンサーは、理想の男? カッコよすぎない?とは思うが、 読んでいてセリフのやり取りが面白い。 読まなきゃわからない。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こころにより くもり のち はれ                         (これでも本好き)

 土曜日8時から夕方5時  毎週聞いている(時には録音して)  ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー http://www.stv.ne.jp/radio/goro/index.html  ひょんなことから  日高晤郎さんの本を入手した。  『 こころにより くもりのちはれ 』  読み終えまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シベリア抑留とは何だったのか    (これでも本好き)

   歴史好き。戦国時代の人物も好き。    でも    実は、近代の戦争の歴史に興味がある。    そして、大東亜戦争のいい記事だけを好んで読んでいた。    例えば、    ゼロ戦パイロット 坂井 三郎ら天才パイロット3名が    ポートモレスビー敵空軍基地上空での曲芸飛行の話等 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成20年夏、僕は兵士だった       (これでも本好き)

   昭和20年夏、僕は兵士だった                   梯 久美子    金子兜太    大塚初重    三國連太郎    水木しげる    池田武邦      5名の実体験を作者がインタビューした内容です。    体験できない私は、読んでみました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも、日本人は『戦争』を選んだ      (これでも本好き)

  それでも、日本人は『戦争』を選んだ                                 加藤 陽子   よくわかりました。   日本が戦争に巻き込まれていく過程が!   ただ、アメリカに仕掛けられた内容が   乏しかったのが、残念でした。!!!   ハワイ真珠湾の軍隊は、   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロバート・B・パーカ           (これでも本好き!)

 4月 17日の  STVラジオ日高晤郎ショー  『 私の本棚 』にて  ロバート・B・パーカが亡くなったことを知った。  http://www.stv.ne.jp/radio/goro/book/index.html  享年77歳  大好きなスペンサーシリーズは、  『 灰色の嵐 』 で終了 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎の城(これでも本好き!)

     初めて読んだ      藤堂 高虎の物語      以前読んだ 『 軍師の門 』 等では、      合戦好きの猛将のイメージを懐いていたが、      これほど、算用や築城術に長けた人物だったとは      ・・・・・。      http://natsudomari.at.web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武士の紋章(これでも本好き!)

池波正太郎の短編は、 簡潔で、読みやすい。 まして、昔の人の話は面白い。 「剣友 渡辺曻(のぼり)」 渡辺曻の剣友は、 あの 近藤勇である。 若い時の剣友が、後に敵となる。 しかし・・・・。 この物語、最後にジィ~ンときた。 また、滝川三九郎の清々しい生き方は、 私に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショットバー(これでも本好き!)

    7月 25日(土) 雨     夕べ 友人宅で楽しく飲んで     やはり     楽しいと飲みすぎてしまい。       ましてや、今日は雨!!!     こういう日こそ、本が読める。     朝から夕方までラジオをBGMにして     読んだ。http://www.stv.ne…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍師の門(これでも本好き!)

   竹中半兵衛と小寺(黒田)官兵衛    ともに、秀吉に仕えた軍師ふたり    火坂雅志の小説は、    天地人 http://natsudomari.at.webry.info/200812/article_4.html    以来ですが、    ストーリーの展開がはやく、読みやすい。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

池波正太郎作品(これでも本好き!)

    『 男の作法 』を読んでいらい、     いつかは・・・と思っていた。     ようやく、     池波正太郎作品を読み漁れそうだ。     『 男のリズム 』は、     食通の本当の意味がわかった。     よく、妻に何が食べたいか聞かれるが、       私も、あれをこういう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界が愛した日本(これでも本好き!)

   知りませんでした。    イラン・イラク戦争直前    イラクに取り残された日本人を    トルコが救ってくれた理由が、    95年前の恩返しだったとは・・・・。    インドネシアの独立を助けた日本兵等        うれしい本でした!      
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自伝 津軽三味線ひとり旅・高橋 竹山

    平内町立図書館から借りて読んだ。     『 自伝 津軽三味線ひとり旅 ・ 高橋 竹山 』     この人の凄いところは、     三味線・尺八・芸能を生涯やり通したということ     だと     私は、思う。     確かに”運”はあった。     佐藤 貞樹さんとの出会いか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新三河物語(これでも本好き!)

 あけまして おめでとう ございます  今年の正月は、酒と本と昼寝  はまっている宮城谷 昌光作品  新三河物語 3冊  平助こと大久保彦左衛門  殿様は、徳川家康  戦国の世が終わり、戦国時代に活躍した武将が  憂き目にあう。大久保家は滅亡の危機・・・・・。  我々の社会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地人(これでも本好き!)

来年のNHK大河ドラマ 「天地人」 先に読んでおき、自分なりのイメージを作り、 テレビと比べるつもり。 テレビは本に敵わないと思うのだが。 来年の楽しみにしておこう。 後日 NHKのホームページを確認した。 私の頭の中のイメージには、俳優は存在していない。 売れていない俳優だけで、作ってみるのもいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

察知力(これでも本好き!)

中村俊輔はすごい。 この本の内容は、 そのまま 仕事に使える。 それと、 これから、じっくりとサッカーを見るようになるだろう。 読みごたえあった。 娘にも読ませたい・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初秋(これでも本好き!)

    9月になると、15年前に読んだ本のことを    思い出します。    ロバート・B・パーカーの小説「初秋」。    対立する両親の間で、心を閉ざしてしまった少年を、    私立探偵のスペンサーが、こつこつと自立させていくといった    内容です。    ところで、出会っています?本と?    お金を使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡のリンゴ(これでも本好き!)

           木村 秋則様            まいりました。                        何事も            必死でやらないと            いけませんね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more